ストロボのガイドナンバーとは?実はカンタンな計算方法と仕組みを紹介

ストロボのガイドナンバーとは?

ストロボのガイドナンバーとは? たまーに聞かれるので説明すると、

「ISO100の時に1mの撮影距離で適正露出となる絞り値」 のことなんですが、初心者さんには「????」ですよね。

僕もこんな説明されたらさっぱりわかりません。

『ガイドナンバー』とは、ものすごく簡単に言うと、ストロボのパワー(発光量)を表す数値。
『GN』と表記されることが多く、以下のように計算します。

ガイドナンバー = 撮影可能距離 × レンズのF値

うん、これでもやっぱり難しい。笑

ガイドナンバーを基準に考えると少しわかりにくいので、
ストロボのパワー = 撮影可能距離(光の届く距離) 
として考えましょう。

なので、計算の基準値をガイドナンバーから撮影可能距離に置きかえて…。

撮影可能距離 = ガイドナンバー ÷ レンズのF値

すこしわかりやすくなったでしょうか? 肝心のガイドナンバーについての説明はこれからですが「 ストロボのパワー = 撮影可能距離 」のイメージがあると、この先の説明が理解しやすいです。
※ちなみに「撮影可能距離」とは、カメラから被写体までの距離のことで、光が往復する分の計算は不要です。

実効GNを求めて撮影可能距離を計算する

撮影可能距離を計算には、ガイドナンバーの有効な数値「実効GN」を使用しなければいけません。

実効GN」を求めるには、ストロボ本体の「ガイドナンバー」を基準に、下記3つの要素を加味して計算します。

  • 照射角に応じたガイドナンバー
  • パワーレシオ係数(ストロボの発光量により増減)
  • ISO感度係数(ISO感度により増減)

具体的な計算式は以下の通り。

実効GN=「照射角に応じたガイドナンバー」 × 「パワーレシオ係数(ストロボの発光量により増減)」 × 「ISO感度係数(ISO感度により増減)」

「うわぁ…。」となった方はご安心ください。
実はこれ、覚えてなくても撮影にそこまで影響ないです。笑

撮影を繰り返すうちに体が光の感覚を覚えるので心配いりません。
仕組みを覚えておくと、ストロボの設定で迷ったときにけっこう役立ちますけどね。

照射角、パワーレシオ係数、ISO感度係数の各数値については、早見表を作ったのでそちらを参考に。
今回はCanonの430EXⅢ-RTを基に表を作成していますが、基本的にどのストロボもほぼ一緒です。

ストロボガイドナンバーの早見表(照射角によって変動)

まずは計算の基準となるガイドナンバーを見てください。全て1/1発光(フル発光)時の数値です。

 照射角 ガイドナンバー
24mm 22.0
28mm 24.0
35mm 28.0
50mm 33.0
70mm 40.0
80mm 41.0
105mm 43.0

照射角を広角側(24mm)にすると光が弱くなりますが広い範囲を照らします。
望遠側(105mm)にすると光は強いですが、照らす範囲が狭くなります。

※照射角24mm~105mmの変化を表す画像
ストロボの照射角24mm~105mmまでの図説

僕は照射角の仕組みを「水道ホース」に例えることが多いのですが、出口を絞ると遠くまで水が飛ぶ原理と一緒。
照らす範囲が狭いほど、出力・ガイドナンバーが上がり、撮影可能距離が伸びます。

24mm(広角)では範囲が広く弱い光、105mm(望遠)では範囲が狭く強い光、と覚えておきましょう。

パワーレシオ係数の早見表

ストロボの発光量に応じて増減するのがパワーレシオ係数。
説明書の裏側にパワーレシオ係数を加味したガイドナンバーが掲載されているので、実はパワーレシオ係数については説明しなくてもいいんですよね…。

今回は計算の仕組みを理解してもらう目的もあるので、解説しておきます。

ストロボ発光量  パワーレシオ係数
1/1 1
1/2 0.7
1/4 0.5
1/8 0.35
1/16 0.25
1/32 0.17
1/64 0.12
1/128 0.09

1/1(フル発光)でガイドナンバーの増減なし、1/128発光で0.09倍(9%)までガイドナンバーが減少します。
発光量はストロボの出力を決める大事な要素。
だからといってフル発光ばかりしていると、電池が持たない&連射が効かないので、どれだけ発光量を抑えて撮影できるかは結構大事なポイントです。

そのためにもガイドナンバーの仕組みは理解しておくといいでしょう。

ISO感度係数の早見表

ISO感度係数は、カメラ側のISO感度を上げることでガイドナンバーが増加していく仕組みです。
なので、ISO感度を上げればガイドナンバー(実効GN)の底上げが可能。

 ISOの数値  ISO感度係数
100  1
200 1.4
400 2
800 2.8
1600 4
3200 5.7
6400 8

ISO400で2倍のガイドナンバー、ISO6400で8倍になるので、Canon430EXⅢ-RTをISO6400で使った場合は、GN344(43×8)まで出ます。

メーカーが公称するガイドナンバーは基本的に「最大照射角(105mm、200mmなど)、1/1発光、ISO100」で使用した際の数値。

各表を参考にした実効GNの計算例

表を参考に照射角24mm(最小)、1/8発光、ISO400時の実効GNを計算します。

22(24mm時のガイドナンバー) × 0.35(パワーレシオ係数) × 2(ISO感度係数)=30.1(実効GN)

と、なります。(わかるかな…?)

わからなければ上の表をもう一度見直してみてください。

実効GNを使って「撮影可能距離」を計算した例

ようやく実効GNが30.1と出たところで、先ほど紹介した計算式に当てはめてみましょう

撮影可能距離 = ガイドナンバー ÷ レンズのF値

撮影時のF値をF4.0に設定したと仮定すると

「 30.1 ÷ 4.0 = 7.525(m)」となります!
ちなみにF8.0で撮影すると半分の3.7625m。

もし仮に、照射角105mm、1/1発光、ISO6400、F1.4で撮影すれば、理論上は245.7m先まで光が届く計算です。
まあそんな使い方する場面はなさそうですが…。

要点まとめ。ストロボのパワーは「照射角×発光量」で決まる

長々と書きましたが結局のところストロボの出力は「照射角×発光量」で決まります。
※最終手段として、ISOで受け取る光の量を調整するイメージ。

なので、まずはこの3つだけ覚えておけばOK。

  1. 照射角は広角側(24mm)範囲が広く弱い光、望遠側(105mm)だと範囲が狭く強い光になる。
  2. 発光量は1/1がフル発光の最大出力、1/16,1/32,1/64,1/128と順に出力が下がっていく。
  3. ISOを上げれば到達距離が伸び明るくなるが、画質が落ちるので最終手段とする。

ストロボは「習うより慣れろ」の方が早い

解説した計算を現場でチマチマやってる人は見たことないです。
体に慣らしたほうが圧倒的に早いのでガンガン使ってみましょう。

練習が必要な方は、カメラの設定を下記の通りに固定して、発光量・照射角を調整しながら光の届く距離を確認するのがおすすめ。

  • シャッタースピード1/60秒
  • F4.0
  • ISO100

まずは光量の感覚をつかめるようになるまで撮ってみてください。撮影の回数分は間違いなく上達します。