失敗しないパソコンの選び方:MacとWindowsって結局どっちが良いの?

Macを選ぶ理由

見た目、値段、性能。パソコンを選ぶ理由は人それぞれですが、大体この3つが上位を独占するはず。ノートパソコンの場合これに重さとかが加わってくるわけですが。

これらを色々考慮する前に初めてパソコンを買う方からよく聞く話が「で、結局MacとWindowsってどっちが良いの?」です。大体これ聞いてくるのはMacのオシャレさに憧れるだけの人が多いかな…。

MacとWindowsの違い

まずは見た目。というか、あまりパソコン詳しくない人にとってはこれに尽きるのだけど。実際は中身も違うんですけど、性能にそこまでこだわらない方は見た目でサクッと決めると迷わなくていいですよ。

見た目にこだわるならMac、性能にこだわるならWindowsといったところですが、その辺も踏まえて解説していきましょう。

Macをおすすめする理由

Macを選ぶ理由

前述したとおり、見た目がとにかくキレイ。最近はWindowsも見た目にこだわった製品を出していますが、やはりMacの美しさにはかないません。外見もさることながら、内面にも大変こだわっていて、初めてMacを触った時の感動たるや。

Macは超有名フォントが最初から無料で使える

まず、デフォルトで入ってるフォントが素晴らしすぎ。ヒラギノ、Helvetica、Bodoni、Futura、Gillsansなど名だたる有名フォント達が最初から使えます。文字のアンチエイリアス(輪郭をキレイにする処理)も超精細で、Windowsと比べると雲泥の差。元々美しいフォントがよりいっそう輝きを増します。目にも優しい。

これからデザイナーを目指す人にはMacがおすすめ

「デザイナーはMac一択」といったような風潮もありますが、あながち嘘でもありません。これからデザイナーを目指す人が最初に買うパソコンはMacが良いでしょう。制作会社でもMacを使うところは多いので操作に慣れるといった意味でもほぼ必須。

デザインソフトは重たいのでスペック(性能)を間違えると結構大変

ただし、デザインソフトは結構重たい処理が多いので、作業によっては結構落ちます。13インチのMacBook Proでギリギリ(それでも落ちる)、iMacも多少スペックが高いのを選ばないとなかなかストレス溜まります。
最低でも「クアッドコア」と表記があるもの、SSD搭載(Fusion Drive)のものを選ぶといいでしょう。より快適に作業したければメモリは16GBを。

Mac最大の欠点、買った後にメモリの増設などが出来ない

Mac最大の欠点として、一度買うと後からメモリの増設などが出来ないので買う瞬間に全てが決まります(2016年現在)。仕事でガシガシ使えるパソコンを用意するなら余裕で20万は超えます。それなりに覚悟しておきましょう。

Windowsをおすすめする理由

Windowsを選ぶ理由

圧倒的にコスパが優れていて、自由にカスタマイズが出来るのがポイントです。マウスコンピューターTSUKUMOなどのBTOで注文すれば、Macで20万かかるスペックが10万円程度で実現可能です。

BTOだったらDELLとかHPでも良いんじゃないの?

DELLとかHPのようにメーカーBTOも良いのですが、値段が高い割にそこまでハイスペックというわけでもないのであまりおすすめしていません。極論言うとロゴが違うだけで中身はどれも一緒ですから
※MacもWindowsも各パーツメーカーが出してるパーツを組み合わせてボディに組み込んでるだけです(OSは違うけど)。

劣化や、スペック不足があっても後から交換や増設で対処できる

パーツの劣化(主にハードディスク)しても、差し替えてOS再インストールすれば何度でも蘇ります。SSDがかなり安くなっているので、パソコンの中身を全部SSDに変えて3倍速くらいにすることもできます。僕はOS用と作業用でSSD2枚使ってますが、感動するくらい早くて快適です。
こちらの記事でSSDの紹介してます
2016年5月SSDおすすめランキング発表!実際に使ってみた感想とか値段とか

Windowsのパソコンは安くて高性能なものが手に入りやすい

複数のデザインソフトを使ったり、大量の写真を現像、映像制作をする人はWindowsの方が予算的に無理なくマシンを用意できると思います。

Windowsの欠点・デメリット:見た目があまりキレイじゃない…

ただし、Macのようにフォントが充実していたりアンチエイリアスが精細だったりということはありません。最近はWindowsも見た目に力を入れてるみたいですが、外見重視ならやはりMacが良いですね。

まとめ:MacかWindowsか?自分の状況に合わせて考えてみよう。

あれこれ書きましたが要約すると結構シンプルです。

Macはこんな人におすすめ

  • 見た目にこだわりたい
  • 充実した有名フォントを使ってみたい
  • 予算に余裕がある

Windowsはこんな人におすすめ

  • とにかくスペック(性能)重視
  • 見た目にはこだわらない
  • あれこれ自分でカスタマイズしてみたい

といったところです。見た目重視でカジュアルに使うならMac、制作でガシガシ使うならWindowsを選ぶといいですね。大学生とかフリーライターの方は外に持ち出す機会が多いと思うので、11インチのMacBook Airがおすすめ。めちゃくちゃ軽いしコンパクトでオシャレだし言うことなし。

自分の使い方をしっかり考えて選びましょう。

バックナンバー・関連記事

【第1回】失敗しないパソコンの選びかた:ノートパソコンorデスクトップ、おすすめはどっち?

【第3回】失敗しないパソコンの選び方:各パーツの役割と性能を知って自分に合ったものを選ぼう