【2018年】内蔵2.5インチSSD容量別におすすめ機種を紹介(128GB〜512GB、1TB・2TB)

2018年 内蔵2.5インチSSD容量別におすすめ機種 (128GB・256GB・512GB・1TB・2TB)

以前に書いたおすすめのSSDを紹介する記事の情報がだいぶ古くなってきたので、2018年のトレンドになるであろうおすすめのSSDを紹介したいと思います。

最近ではLightroom(ライトルーム)やAfterEffectsなどの写真・動画編集ソフトを高速化するためにSSDを導入する方がかなり多く、最初からSSDを搭載しているモデルのPCもたくさん発売されていますね。また、PS4を高速化するために2.5インチのSSDを換装してる方も多いです。(結構カンタンにできるうえ、読み込みめちゃくちゃ早くなるのでおすすめ)

3DNAND(多層NAND)の登場によりSSD自体の大容量化&低価格化がすすみ、今後さらに需要がふえることが見込めます。
そこで今回は2.5インチ用のSSDを容量別に全24機種を徹底的に調べてきたので紹介させていただきます。

容量別・機種別に一つひとつ解説を加えたため、かなり長い記事になっているので下の目次から興味のある容量だけ見ることをおすすめします

前置き:そもそもSSDの選び方がよくわからないという人向けに

SSDをえらぶときは以下の4点をおさえておけば大丈夫です。

  1. 速度がきちんと出るものか(ランダム読み込み/書き込みの数値は大事)
  2. 価格は高すぎないか(メーカーによって価格差が大きい)
  3. 耐久性(安定性含む)は大丈夫か(MTBFやMTTF、TBWなどをチェック)
  4. サイズは合っているか(2.5インチ、NVMe、7mm厚・9mm厚など)

SSDの選び方については以前に書いた記事があるので、こちらを参照してみてください。

SSDとは?選び方、性能の見方を「容量・速度・寿命」などの要点ごとに徹底解説!

 

SSD換装の方法が知りたい方にはこちらの記事がおすすめ

HDD→SSD換装の手順・方法。簡単5ステップでパソコンを高速化しよう!(Windows)

 

【機種選びに迷ったら】記事内で紹介する「ランダム書き込み」や「ランダム読み込み」の数値が高いものほどわかりやすく体感速度が早くなります。また、耐久性を示すMTTF(またはMTBF)は「平均故障時間(平均故障間隔)のことで、TBWは「総書き込み可能バイト数」のことです。

容量128GB〜のSSDでおすすめの製品

「OSとアプリケーションだけしか入れない」と割り切っているなら128GBの容量は良い選択肢。値段も安く性能も手頃なものが多いので、手っ取り早くPCを高速化することができます。

ただ、ノートPCをお使いの場合はあとから増設がむずかしいので最初から256GBのSSDを選んでおくと良いでしょう。

万が一128GBで足りなくなった場合は新しくSSDを買って、余ったSSDはケースに入れて『外付けSSD』として運用するのもアリですね。

HDD/SSDケースを買っておくと余ったHDDを外付けにして運用することもできるし、自分で外付けSSD自作できるのでかなりおすすめ。あと、データ移すのにも使えます。

では120GBクラスのSSDを紹介します。

SanDisk SSD PLUS SDSSDA-120G-J26 120GB

SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ / 120GB / SSD PLUS / SATA3.0 / 3年保証 / SDSSDA-120G-J27
とにかく安いSSDを求められたときに必ず紹介する1台。

フォトグラファー・カメラマン御用達のメーカーSanDiskの製品だけあって3年保証がしっかりついていますね。(保証を効かせるためにも、購入時の箱とレシートなどの控えはなくさずに保管しておくことをおすすめします。)

前にSMARTエラーが出て使えなくなったことがありますが、販売店に連絡したらすぐにメーカーから新品が届きました。このへんはさすがですね。

SanDisk SSD PLUS 120GB SDSSDA-120G-J26の詳細スペック

容量 120GB
NAND TLC
シーケンシャル読み込み 530MB/秒
シーケンシャル書き込み 310MB/秒
ランダム読み込み 非公開
ランダム書き込み 非公開
コントローラー 非公開
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 MTBF175万時間
保証 3年保証
メーカー公式HP https://www.sandisk.co.jp/home/ssd/ssd-plus-j26

Samsung 850EVO 120GB MZ-7LN120B/EC V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 3年保証

Samsung SSD 120GB 850 ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 3年保証 【正規代理店保証品】 MZ-7LN120B/EC

SSDを語る上で欠かせないメーカーSamsungの製品。

日本にいると気づきませんが、一歩海外に出るとSamsung製品だらけというのはよく聞く話で、世界的にはかなり技術力が高く、信頼性の高いメーカーです。

個人的にすごいな、と思うのがSamsungのSSDって廉価版でも全然手を抜かない製品出してるんですよね。さすが大手だな、といった感想です。

Samsung 120GB MZ-7LN120B/ECの詳細スペック

容量 120GB
NAND Samsung V-NAND
シーケンシャル読み込み 530MB/秒
シーケンシャル書き込み 520MB/秒
ランダム読み込み 94,000 IOPS
ランダム書き込み 88,000 IOPS
コントローラー Samsung MGX Controller
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 6.8mm(7mm)
耐久性 MTTF150万時間
保証 3年保証
メーカー公式HP http://www.samsung.com/semiconductor/minisite/jp/ssd/consumer/850evo/

WD Green 120GB/2.5インチ SATA3.0 6G WDS120G1G0A

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 120GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS120G1G0A

元々はハードディスクを作るメーカーとして有名だったWD(WesternDigital)ですが、SanDiskを買収してからSSDも出すようになりましたね。ただ、このGREENのスペックを見てると先ほど紹介したSanDisk SSDPLUS SDSSDA-120G-J27と中身ほぼ一緒な気がするのですが…。

WD Green SSD 120GB WDS120G1G0Aの詳細スペック

容量 120GB
NAND TLC
シーケンシャル読み込み 530MB/秒
シーケンシャル書き込み 430MB/秒
ランダム読み込み 非公開
ランダム書き込み 非公開
コントローラー 非公開
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 MTTF100万時間
保証 3年保証
メーカー公式HP https://www.wdc.com/ja-jp/products/internal-ssd/wd-green-ssd.html

Transcend TS120GSSD220S 120GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TLC 3年保証

Transcend SSD 120GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TLC採用 3年保証 TS120GSSD220S

TranscendのSSDに関しては購入のタイミングで万が一価格が安ければ買う、程度の認識で良いです。

安定感はありますが、性能も価格も他メーカーとくらべて良いわけではないのでわざわざ選ぶ必要はないですね。

Transcend TS120G SSD220S 120GBの詳細スペック

容量 120GB
NAND TLC
シーケンシャル読み込み 550MB/秒
シーケンシャル書き込み 500MB/秒
ランダム読み込み 最大280MB/s(IOPS非公開)
ランダム書き込み 最大280MB/s(IOPS非公開)
コントローラー 非公開
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 非公開?
保証 3年保証
メーカー公式HP https://jp.transcend-info.com/Products/No-735

容量128GB〜SSDのまとめ

容量128GBとなると各メーカーあまり力を入れてないクラスで、そんなにラインナップが豊富ではありません。

価格の安さでSanDiskのSSDPLUSをえらぶか、性能重視でV-NAND搭載のSamsung850EVOを選べばいいでしょう。

ほかにKingstonのSSDシリコンパワーのSSDといった選択肢もありますが、CFカード(コンパクトフラッシュ)でデータが飛んだ思い出が強く、あまりおすすめしたいメーカーではありません。(個人的な感想ですが)

容量256GB〜のSSDでおすすめの製品

ノートPCだと256GBのSSDひとつでOS・アプリケーション、作業用データをまかなうことも多いですね。写真や動画を扱うかたはかなり厳しいので、もう少し大きな容量を選びましょう。

デスクトップだとOS用に256GB、作業用フォルダに512GB〜1TBを搭載する構成の方も多いのですが、OSだけSSDに変えてもかなり高速化が見込めます。PhotoshopやLightroomが重たいと感じたらOS部分だけSSD換装するのもありでしょうね。

Crucial  MX500 250GB 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT250MX500SSD1/JP

Crucial SSD 250GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT250MX500SSD1/JP

当サイトでも推奨しているCrucial(クルーシャル)のSSD。2018年1月に発売された新機種でMX300の後継機となります。

信頼と実績のあるMicron社が打ち出している人気ブランドというだけあって、価格と性能のバランスがとても良く、非常にコストパフォーマンスが高いです。
この製品には「コストパフォーマンス」という言葉を迂闊に使いたくないほど好きなSSDなので、興味のある方はぜひ手に取ってみてください。

自分は「迷ったらCrucial」と心に決めております。

Crucial  MX500 CT250MX500SSD1/JPの詳細スペック

容量 250GB
NAND Micron ® 3D NAND
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 510MB/秒
ランダム読み込み 95,000IOPS
ランダム書き込み 90,000IOPS
コントローラー SiliconMotion SM2258(MicronカスタムFW搭載)
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm(9,5mmアダプター付き)
耐久性 MTTF180万時間
保証 5年保証
メーカー公式HP http://www.crucial.jp/jpn/ja/storage-ssd-mx500

 Samsung 860EVO 250GB SSD V-NAND搭載 2.5インチ内蔵型 5年保証 【ランサムウェア対策ソフト付】 MZ-76E250B/EC

Samsung SSD 250GB 860 EVO V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 5年保証 【正規代理店保証品】【ランサムウェア対策ソフト付】 MZ-76E250B/EC

250GB以上のコンシューマー向け製品はSamsungかCrucialの二強です。自社でNANDやコントローラーを開発してる強さはもちろん、SSDやフラッシュメモリに関するノウハウが他社を圧倒しているので、失敗しない買い物と呼べるでしょう。

 Samsung 860EVO MZ-76E250B/ECの詳細スペック

容量 250GB
NAND Samsung V-NAND
シーケンシャル読み込み 550MB/秒
シーケンシャル書き込み 520MB/秒
ランダム読み込み 98,000IOPS
ランダム書き込み 90,000IOPS
コントローラー Samsung MJX コントローラ
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 6.8mm
耐久性 TBW:150TB
保証 5年保証
メーカー公式HP http://www.samsung.com/semiconductor/minisite/jp/ssd/consumer/860evo/

SanDisk SSD Ultra 3D  250GB SDSSDH3-250G-J25 メーカー3年保証付

SanDisk SSD Ultra 3D ソリッドステートドライブ 250GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDH3-250G-J25

最近のコンシューマー向けSSDは「3D NAND」を搭載していることがほぼ必須条件になってきているので、紹介するメーカーも限られてくるのですが、SanDiskは頑張ってるほうではないかと(えらそうに言ってすみません)。

WD(WesternDigital)に買収されたとはいえ、プロむけのストレージを長年作ってきたノウハウはやはり強いですね。(他の2社と比べるとどうしても弱いですが)

『デジタルカメラグランプリ2018 のデジタルフォトストレージ』<据置/内蔵型>部門で金賞受賞したとのことで、実力はたしかなものですが、SanDiskのSSDは接続インターフェースがちょっとゆるくて毎回すこしだけ心配になります。

SanDisk SSD Ultra 3D 250GB SDSSDH3-250G-J25の詳細スペック

容量 250GB
NAND 3D NAND
シーケンシャル読み込み 550MB/秒
シーケンシャル書き込み 525MB/秒
ランダム読み込み 95,000IOPS
ランダム書き込み 81,000IOPS
コントローラー 非公開
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW:100TB
保証 5年保証
メーカー公式HP https://www.sandisk.co.jp/home/ssd/ultra-3d-ssd

容量256GB〜SSDのまとめ

256GB〜の容量だと選択肢はほとんどなく、CrucialかSamsungのSSDを選んでおけばほぼ間違いありません。好みでSanDiskのUltra3Dか、あえて紹介しませんでしたが価格重視でSanDiskのSSDPLUS240GBを選ぶのもいいでしょう。

容量512GB〜のSSDでおすすめの製品

512GBクラスのSSDを買う方は非常に多く、各メーカーも力を入れてるクラスなので、価格・性能のバランスがとても良いです。
価格帯も15000円〜20000円程度とお手頃かつ、OS用、作業用、ゲーム用と幅広く使うことができるので、迷ったら512GBを買っておけば間違いありません

Crucial  MX500 500GB 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT500MX500SSD1/JP

Crucial SSD 500GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT500MX500SSD1/JP

「SSD おすすめ」なんかで検索するとほぼトップに君臨する大変優秀なメーカーMicronが打ち出しているブランド『Crucial』。

先ほども紹介したMX300の後継機に当たるモデルで、以前から非常に人気の高いシリーズとなっています。

NANDフラッシュの一部にSLCキャッシュを使用した「Dynamic Write Acceleration」によって高速化を図ったことでシーケンシャル・ランダムアクセス共に大変優秀な数値を出しています

データ破損を防止する「Exclusive Data Defense」による高い耐久性を持ち、ひと昔前のMLCメモリを搭載したSSDと同等か、それ以上のスピードと耐久性を実現しています。

買い替えを検討している方にもおすすめです。

Crucial  MX500 CT500MX500SSD1/JPの詳細スペック

容量 500GB
NAND Micron ® 3D NAND
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 510MB/秒
ランダム読み込み 95,000IOPS
ランダム書き込み 90,000IOPS
コントローラー SiliconMotion SM2258(MicronカスタムFW搭載)
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm(9,5mmアダプター付き)
耐久性 MTTF180万時間
保証 5年保証
メーカー公式HP http://www.crucial.jp/jpn/ja/storage-ssd-mx500

Samsung SSD 512GB 860 PRO V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型  MZ-76P512B/EC 5年保証

Samsung SSD 512GB 860 PRO V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 5年保証 【正規代理店保証品】【ランサムウェア対策ソフト付】 MZ-76P512B/EC

Samsungのコンシューマー向け2.5インチSSDで最高ランクに位置する860PROシリーズ。(2.5インチSSDではないが、『960EVO、960PRO』という上位モデルもある)

昔はCrucialやSanDiskもしっかりとグレードを分けて差別化していたのですが、今ではサムスンくらいしかまともにやってないですね。

値段が高いので全力でおすすめすることはありませんが、「高性能なSSD」が欲しいかたにはこの860PROはかなりいい製品です。より一般向けの860EVOもおすすめ。

Samsung 860PRO MZ-76P512B/ECの詳細スペック

容量 512GB
NAND Samsung V-NAND
シーケンシャル読み込み 550MB/秒
シーケンシャル書き込み 520MB/秒
ランダム読み込み 98,000IOPS
ランダム書き込み 90,000IOPS
コントローラー Samsung MJX コントローラ
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW:300TBW
保証 5年保証
メーカー公式HP http://www.samsung.com/semiconductor/minisite/jp/ssd/consumer/860pro/

SanDisk SSD PLUS 480GB【SDSSDA-480G-J26】

SanDisk SSD PLUS 480GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-480G-J26

2015年にWestanDigitalから約2兆円で買収されたSanDiskのSSD。

数多くのフォトグラファーに愛されるメーカーとして有名ですが、SSD界でもかなりの強者です。

ここで紹介するSSD PLUSのシリーズは「安くて高性能」という定評があり、128GBクラスのSSDに関しては5000円切ってた時代もあるほど。

とにかく安いので、作業用のデータを置いたり、趣味のデータ(ゲームなど)を置くストレージとしてはかなり優秀。ランダムアクセスは非公開ですが普通に早いです。

3年保証もついてるので、仮に故障してもすぐ交換してくれます。
(以前に初期不良で交換を依頼したら、無償で対応してくれました)

SanDisk SSD PLUS 480GBの詳細スペック

容量 480GB
NAND TLC NAND
シーケンシャル読み込み 535MB/秒
シーケンシャル書き込み 445MB/秒
ランダム読み込み 非公開
ランダム書き込み 非公開
コントローラー 非公開
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 MTBF:175万時間
保証 3年保証
メーカー公式HP https://www.sandisk.co.jp/home/ssd/ssd-plus-j26

SanDisk SSD Ultra 3D ソリッドステートドライブ 500GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDH3-500G-J25

SanDisk SSD Ultra 3D ソリッドステートドライブ 500GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDH3-500G-J25

かなりバランスのとれたスペックで、シーケンシャル・ランダムアクセスともに良好な数値。
価格もそれなりに抑えられているので大変おすすめできるSSDです。

先ほども紹介しましたが、フォトストレージ関連で受賞経歴があり、フォトグラファーから愛されてる印象の強い製品です。(自分も好きで使ってます)

SanDisk SSD Urtla 3D 500GBのスペック

容量 500GB
NAND 3D TLC
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 530MB/秒
ランダム読み込み 95000IOPS
ランダム書き込み 84000IOPS
コントローラー Marvell® 88SS1074
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW 200TBW
保証 3年保証
メーカー公式HP  https://www.sandisk.co.jp/home/ssd/ultra-3d-ssd

ADATA Technology Ultimate SU900 512GB ASU900SS-512GM-C

ADATA Technology Ultimate SU900 SSD512GB ASU900SS-512GM-C

以前にADATAのADATA-Premier SP550 240GBの性能をレビューする記事を書いたことがあり、個人的にも思い入れが深いメーカー。

TLC採用の格安SSD『ADATA-Premier SP550 240GB』が予想を超えるハイスペックSSDだった

2016.09.08

最初は「ADATAなんて無名メーカー知らんがな」と思いつつもレビューしたんだけど、後から調べたら知る人ぞ知る高い技術力を持ったメーカーだったことが発覚して恐縮しました。。。(ADATAさんすみません)

ここで紹介しているのは480GB の3D MLCを搭載したタイプなのですが、スペックすごい。(3D MLCってはじめて見た)

SSDの速度指標・体感速度に最も影響すると言われているランダムアクセスが、読み込み/書き込み共に90000IOPSというなかなか良好な数値。

MTBF200万時間という耐久性もすばらしく、データシェーピング(データ保護)にもかなり自信あるみたいです。保証期間も5年と長め。

TBWが800TBと、他のモデルを圧倒する耐久性を誇るのでメインストリームに使うならこれ一択でもいいかもしれません。ちょっと高いですけどね。

ADATA Technology Ultimate SU900 512GBのスペック

容量 512GB
NAND 3D MLC
シーケンシャル読み込み 530MB/秒
シーケンシャル書き込み 510MB/秒
ランダム読み込み 95000IOPS
ランダム書き込み 84000IOPS
コントローラー SMI 2258
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
MTTF 200万時間
TBW 800TB
保証 5年保証
メーカーHP http://www.adata.com/jp/feature/446

 

Samsung SSD 500GB 850 EVO V-NAND搭載【MZ-75E500B/IT】

Samsung SSD 500GB 850 EVO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E500B/IT

SSD界の大御所サムスンがこの業界引っ張っていってる感じあります。(コンシューマー向け)

SamsungのSSDって不具合多いイメージ多くてあまり好きじゃなかったのですが、最近になってその価値を見直しました。
性能はバツグンに高く、価格も安め。さすが3D NANDフラッシュの先駆けと言われてるだけあります。

大手メーカーだからできる価格と性能のバランスがとても良く、コスパはかなり高め。

Samsung SSD 500GB 850 EVOのスペック

容量 500GB
NAND Samsung V-NAND
シーケンシャル読み込み 540MB/秒
シーケンシャル書き込み 520MB/秒
ランダム読み込み 98000IOPS
ランダム書き込み 90000IOPS
コントローラー Samsung自社製コントローラ
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
MTTF 150万時間
保証 5年保証
メーカーHP http://www.samsung.com/semiconductor/minisite/jp/ssd/consumer/850evo/

容量500GB〜SSDのまとめ

容量500GBあたりは、ラインナップが豊富で紹介する製品もかなり多くなってしまいました。

どの製品も実力が拮抗していて選びにくいのですが

  • バランス重視ならCrucialのMX500
  • 性能重視ならSamsungの860PRO
  • 価格重視ならSanDiskのSSDPLUS(MX500と大差ないけど)
  • 耐久性重視ならA-DATAのUltimete SU900

といった基準で選んでみてはいかがでしょうか。

1TB クラスのSSDでおすすめの製品

クリエイターやゲーマー向けのストレージに最適。一昔前は1TBなんて高すぎて買えなかったんですけどね…。

動画を編集する方は512GBだと全く足りません。4K動画なんて編集したらあっという間に容量ギリギリになってしまうので、なるべく余裕を持ったストレージを選びましょう。

Crucial SSD  MX500 1000GB 内蔵2.5インチ 7mm(9.5mmアダプター付) CT1000MX500SSD1/JP

Crucial SSD 1000GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm MX500 (9.5mmアダプター付) CT1000MX500SSD1/JP

この記事を書いている2018年4月現在、最も安くて性能が高いSSDがCrucial MX500です。

1TBくらいの容量になってくると製造しているメーカーも限られてくるのですが、さすがのCrucialは価格と性能のバランスがとても良いです。(この後紹介する2TBでも同様です)

自社で製造しているNANDフラッシュはもちろん、コントローラーの性能もすぐれているので、長期にわたってPCを支えるメインストリームとして活躍してくれるでしょう。

Crucial  MX500 CT1000MX500SSD1/JPの詳細スペック

容量 1000GB(1TB)
NAND Micron ® 3D NAND
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 510MB/秒
ランダム読み込み 95,000IOPS
ランダム書き込み 90,000IOPS
コントローラー SiliconMotion SM2258(MicronカスタムFW搭載)
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm(9,5mmアダプター付き)
耐久性 TBW360TB
保証 5年保証
メーカー公式HP http://www.crucial.jp/jpn/ja/storage-ssd-mx500

Samsung SSD 1TB 860 PRO V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 5年保証 MZ-76P1T0B/EC

Samsung SSD 1TB 860 PRO V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 5年保証 【正規代理店保証品】【ランサムウェア対策ソフト付】 MZ-76P1T0B/EC

ここまで全ての容量で登場してきたサムスンのSSD。

860PROの性能と安定感は1TBクラスでも変わらずで、512GBのものと比べるとランダムアクセス、シーケンシャルアクセス、耐久性が向上しています。
※SSDは容量が大きくなるほど性能が上がります

多少高いお金を出しても失敗したくない人はSamsungの860PROを選ぶといいでしょう。

Samsung 860PRO V-NAND MZ-76P1T0B/ECの詳細スペック

容量 1TB
NAND Samsung V-NAND
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 530MB/秒
ランダム読み込み 100,000IOPS
ランダム書き込み 90,000IOPS
コントローラー Samsung MJX コントローラ
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW:1200TBW
保証 5年保証
メーカー公式HP http://www.samsung.com/semiconductor/minisite/jp/ssd/consumer/860pro/

Samsung SSD 1TB 860 EVO V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 5年保証  MZ-76E1T0B/EC

Samsung SSD 1TB 860 EVO V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 5年保証 【正規代理店保証品】【ランサムウェア対策ソフト付】 MZ-76E1T0B/EC

上で紹介した860PROの廉価版にあたる860EVO。とは言ってもこの価格帯の製品にしては十分すぎる性能を持っているSSDです。

PROと比べると耐久性が約1/2になりますが、読み書きのスピードはほぼ横並び。値段が1.5倍近くちがうので、予算と相談しながらえらぶと良いでしょう。

Samsung 860EVO V-NAND MZ-76E1T0B/ECの詳細スペック

容量 1TB
NAND Samsung V-NAND
シーケンシャル読み込み 550MB/秒
シーケンシャル書き込み 520MB/秒
ランダム読み込み 98,000IOPS
ランダム書き込み 90,000IOPS
コントローラー Samsung MJX コントローラ
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW:600TBW
保証 5年保証
メーカー公式HP http://www.samsung.com/semiconductor/minisite/jp/ssd/consumer/860evo/

SanDisk SSD Ultra 3D ソリッドステートドライブ 1TB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDH3-1T00-J25
サンディスク

SanDisk SSD Ultra 3D ソリッドステートドライブ 1TB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDH3-1T00-J25

このクラスになってくるとSSD PLUSよりも圧倒的にこちらがおすすめ。(メインストリームでなければ廉価版のSSDPLUSもありですが)

Ultra3Dは以前SanDiskから販売されていたフラッグシップ『ExtremePro』の後継モデルにふさわしいスペックで、価格と性能のバランスがとても良いのが特徴。
古くからフォトグラファーを支えてきたSDカードやCFカードを作る技術がしっかりと活かされていますね。

SanDisk SSD Urtla 3D 1TBのスペック

容量 1TB
NAND 3D TLC
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 530MB/秒
ランダム読み込み 95000IOPS
ランダム書き込み 84000IOPS
コントローラー Marvell® 88SS1074
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW 400TBW
保証 3年保証
メーカー公式HP  https://www.sandisk.co.jp/home/ssd/ultra-3d-ssd

SanDisk SSD PLUS 960GB SDSSDA-960G-J26

SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ / 960GB / SSD PLUS / SATA3.0 / 3年保証 / SDSSDA-960G-J26

価格重視で売りに来ているのでめちゃくちゃ安い、とにかく安いです。(そのくせ性能と耐久性はわりとしっかりしてる)

以前は激安SSDと言えばPatriotのSSDが有名でしたが、最近はSSD PLUSシリーズもほぼおなじ価格です。(ドスパラWebで売ってるPalitというSSDはもっと安いけどラインナップが少ない)

とにかく安くて容量を求めるならこちらの製品がおすすめです。

SanDisk SSD PLUS 960GBの詳細スペック

容量 960GB
NAND TLC NAND
シーケンシャル読み込み 535MB/秒
シーケンシャル書き込み 450MB/秒
ランダム読み込み 非公開
ランダム書き込み 非公開
コントローラー 非公開
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 MTBF:175万時間
保証 3年保証
メーカー公式HP https://www.sandisk.co.jp/home/ssd/ssd-plus-j26

WD 内蔵SSD 2.5インチ / 1TB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS100T2B0A

WD 内蔵SSD 2.5インチ / 1TB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS100T2B0A

SanDiskのUltra3Dと中身ほとんど一緒な気はするのですがこちらは5年保証がついているので紹介しておきます。

 WD Blue 3D / 2.5インチ / 1TB  / SATA3.0 /WDS100T2B0Aの詳細スペック

容量 1TB
NAND Western Digital 3D NAND
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 530MB/秒
ランダム読み込み 95000IOPS
ランダム書き込み 84000IOPS
コントローラー 非公開
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW 400TBW
保証 3年保証
メーカー公式HP  https://www.wdc.com/ja-jp/products/internal-ssd/wd-blue-3d-nand-sata-ssd.html#WDS100T2B0A

容量1TB〜SSDのまとめ

1TBクラスのSSDは多層NANDが開発されるまでは大容量SSDとして主流だったので、各メーカーラインナップがわりと豊富です。
※紹介してないけどTranscendの960GBとかSeagateの960GBとかもある

あえてマイナーなメーカーを選ばなくてもCrucialのMX500やSamsungの860PROや860EVOを選べばまちがいありません。価格重視ならSanDiskのSSD PLUSがおすすめです。

2TBクラスのSSDでおすすめの製品

1TBでもまだ足りない!という方に。プロ仕様のラインナップですが、基本的には1TBとほとんど変わりません。

小分けにいくつもSSDを使うのもいいのですが、一つ大きいのがあると作業が楽なんですよね。

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 2TB ( 3D TLC NAND / SATA 6Gbps / 3年保証 )国内正規品 CT2050MX300SSD1/JP

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 2TB ( 3D TLC NAND / SATA 6Gbps / 3年保証 )国内正規品 CT2050MX300SSD1/JP

この容量、性能でここまで価格をおさえるとはさすがCrucialといったところですね。

基本的な性能は1TBのものとほとんど変わりありませんが、容量が2倍になったので耐久性は約2倍になっています。

Crucial  MX500 CT2050MX500SSD1/JPの詳細スペック

容量 2000GB(2TB)
NAND Micron ® 3D NAND
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 510MB/秒
ランダム読み込み 95,000IOPS
ランダム書き込み 90,000IOPS
コントローラー SiliconMotion SM2258(MicronカスタムFW搭載)
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm(9,5mmアダプター付き)
耐久性 TBW700TB
保証 5年保証
メーカー公式HP http://www.crucial.jp/jpn/ja/storage-ssd-mx500

Samsung SSD 2TB 850 PRO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-7KE2T0B/IT

Samsung SSD 2TB 850 PRO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-7KE2T0B/IT

性能自体は1TBのものとほぼ同一ですが、TBW(総書き込みバイト数)がなんと2,400TBというとんでもない数字…。

高速で信頼できるメインストレージとして購入される方が多いようです。

前に販売店の方にお話を聞いたところ「SSDだから衝撃にも強いし、故意になにかをしない限りデータが飛ぶ可能性なんてほとんどないでしょうね」と自信満々に言っていたのでデータの保持性はかなり安心ですね。

これでコンシューマー向けだと言うのだからすごい。
※ちなみにこの上の4TBは4800TBWあります

Samsung 860PRO V-NAND MZ-7KE2T0B/IT の詳細スペック

容量 2TB
NAND Samsung V-NAND
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 530MB/秒
ランダム読み込み 100,000IOPS
ランダム書き込み 90,000IOPS
コントローラー Samsung MJX コントローラ
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW:2400TBW
保証 5年保証
メーカー公式HP http://www.samsung.com/semiconductor/minisite/jp/ssd/consumer/860pro/

Samsung SSD 2TB 860 EVO V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 5年保証  MZ-76E2T0B/EC

Samsung SSD 2TB 860 EVO V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 5年保証 【正規代理店保証品】【ランサムウェア対策ソフト付】 MZ-76E2T0B/EC

860PRO 2TBの廉価版に位置するラインですが、これは「廉価版」と呼んでいいのか迷うスペック…。

Samsung製のメモリとコントローラはかなり高速で、PROとくらべても大差ありません。

同価格帯のCrucial MX500と悩む方が多いでしょうが、速度はあまり変わらずともSamsungの方が数値での耐久性は上です。

個人的には耐久性を考慮してもほとんど差のない2機種だと思っているので、予算を抑えるならCrucial、長期使用で少しでも耐久性を上げたいならSamsungのSSD。といったところでしょうか。

Samsung 860EVO V-NAND MZ-76E2T0B/ECの詳細スペック

容量 2TB
NAND Samsung V-NAND
シーケンシャル読み込み 550MB/秒
シーケンシャル書き込み 520MB/秒
ランダム読み込み 98,000IOPS
ランダム書き込み 90,000IOPS
コントローラー Samsung MJX コントローラ
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW:1200TBW
保証 5年保証
メーカー公式HP http://www.samsung.com/semiconductor/minisite/jp/ssd/consumer/860evo/

SanDisk SSD Ultra 3D ソリッドステートドライブ 2TB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDH3-2T00-J25

SanDisk SSD Ultra 3D ソリッドステートドライブ 2TB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDH3-2T00-J25

紹介するか悩んだのですが、ほかと比べて価格が少し安かったので記載します。

とはいっても、CrucialやSamsungと比べると耐久性も低く、ランダム読み込み/書き込みも少し見劣りする数値。(ランダムアクセスの数値はPCの体感速度をグッと変えてくれる)

保証も3年までなので、どうしてもSanDiskが良いとか、予算の都合がなければCrucialを選んだ方が無難ですね。

SanDisk SSD Urtla 3D 2TBのスペック

容量 2TB
NAND 3D TLC
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 530MB/秒
ランダム読み込み 95000IOPS
ランダム書き込み 84000IOPS
コントローラー 非公開
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW 500TBW
保証 3年保証
メーカー公式HP  https://www.sandisk.co.jp/home/ssd/ultra-3d-ssd

WD 内蔵SSD 2.5インチ / 2TB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS200T2B0A

WD 内蔵SSD 2.5インチ / 2TB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS200T2B0A

あまり紹介してきませんでしたが、WDのSSDって実は世界で1番最初に64層NANDを取り入れて、大容量SSDを主流化させた立役者だったりするんですよね。

SSD業界的には後発の存在ですが、2016年5月にSanDiskを買収してから一気に駆け上がってきた印象があります。(実際はもっと前から動いていたらしいが)

そんなメーカーの商品を紹介しないわけにはいかないので、最後にひとつだけ紹介させていただきます。

WD Blue 3D / 2.5インチ / 2TB  / SATA3.0 /WDS100T2B0Aの詳細スペック

容量 2TB
NAND Western Digital 3D NAND
シーケンシャル読み込み 560MB/秒
シーケンシャル書き込み 530MB/秒
ランダム読み込み 95000IOPS
ランダム書き込み 84000IOPS
コントローラー 非公開
インターフェース SATA 6Gbps (SATA III)
本体サイズ 2.5インチ
本体厚 7mm
耐久性 TBW 500TBW
保証 3年保証
メーカー公式HP  https://www.wdc.com/ja-jp/products/internal-ssd/wd-blue-3d-nand-sata-ssd.html#WDS100T2B0A

容量2TB〜SSDのまとめ

2TBのSSDを選ぶ人ってかなりハイスペックなPCを持ってるはずなので、ここは耐久性重視でSamsungの860PROを選ぶのが良いと思います。

もしそこまでスペックを重視しないのならCrucialで十分でしょう。十分すぎる性能です。(値段は倍近くちがいます)

  • スペック・耐久性を重視するならSamsungの860PRO 2TB
  • 価格とのバランスを重視するならCrucialのMX500 2TB

【まとめ】Amazonで取扱いのないSSDはドスパラやTSUKUMOで買うのがおすすめ

今回Amazonからの購入ばかり紹介してしまいましたが、Intel製のSSDや激安SSDのPalitドスパラWebで買ったほうが安いしTSUKUMOのネットショップにはちょっとマニアックなSSDが売っていたり、なんてことも結構あります。
※CrucialとSamsungばかり紹介してしまったので

それとTSUKUMOやドスパラは購入後にトラブルが起きた場合、保証対応がラクなのでその辺はいいなーと思ってたまに使ってます。(僕は買うのが楽なのでAmazonです)

TSUKUMOのネットショップ

ドスパラWeb

内蔵型の2.5インチSSDを探している方の参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。