SSDおすすめランキング!実際に使ってみた感想と値段で比較【2016年版】

SSDおすすめランキング2016年版

※2016年11月1日更新

一昔前のSSDってめちゃくちゃ高級でとても一般人に手が出せる価格ではありませんでした。
でも、一度あのスピードを味わうともうHDD(ハードディスク)には戻れないんですよね…。
パソコンを起動して数十秒後には検索結果にたどり着く魔法の加速装置です。

「パソコンが重い…」と感じたら試して欲しいSSD換装。
今までの常識が覆るほど早くなりますよ。メモリ増設してウハウハしてた時代はどこにいったんだ。と思うほど。

そんなSSD。今5000円切るって知ってました…?

安いからと侮ってはいけません。単純にコスパが高いだけです

この値段で体感できる感動を味わっていただくために、AmazonでSSD買いまくってる私が厳選したおすすめのSSDたちを紹介します。

SSDおすすめランキング【2016年版】

※記事内でMLCとかSLCという用語が出てきますが、耐久性や速度を表すものだと思ってください。
SLC>MLC>TLCといった順にグレードがあり、SLCが1番優秀だと覚えておきましょう。

第1位 SanDisk SSD PLUS120GB SDSSDA-120G-J25

目を疑うような価格。しかもMLCメモリ使ってるから耐久性もスピードも申し分ない。というか今使ってるけど、めちゃくちゃ早い…。

10年前のDynaBookに入れて遊んでますがすごいスピード。なんだこれ

※こちらの商品は2016年10月現在TLC NAND採用モデルにマイナーチェンジして、SanDisk SSD PLUS 120GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-120G-J26が現行となっています。
MLC→TLCでグレードダウンかと思いきや、性能はしっかり向上していますので今はこちらを買うと良いでしょう。

第2位 SanDisk SSD Extreme PRO 480GB SDSSDXPS-480G-J25

「エキプロ」の愛称で親しまれる高性能SSD。
SLCメモリ搭載(一部)ということもありバツグンの安定性と速度。耐久性も他社と比較して群を抜いています。10年保証ってすごすぎだろ…。

メインマシンで使ってますが、Amazonのレビューで星100個付けたいくらい良い。
値段を考慮しなければ確実に今回1位のモンスター。
SSD購入検討してる方はこれ使ってみて!満足すること間違いなし。

第3位 Crucial MX200 CT500MX200SSD1

こちらもメインマシンで愛用するSSD
とにかく価格と性能のバランスがとても良い。CrucialはSSD市場でもかなり人気の信頼あるブランドとして有名です。

店頭だと売り切れてることも多いので、ネットで買うのがおすすめ。
同ブランドBXシリーズの上位モデルです。

※2016年10月現在3D TLC NAND採用モデルのMX300が現行機種となっています。

第4位 SanDisk SSD Extreme PRO 240GB [国内正規品] メーカー10年保証付 SDSSDXPS-240G-J25


クリエイター、ゲーマーの方は500GBクラスをおすすめします。
240GBクラスはAdobeなどのアプリケーションを入れるとあっという間に容量ギリギリに…。
もちろんゲームも一緒。

なので、価格で優位な120GBをシステム部分のみに搭載するか、少しだけ値段を上げて500GBクラスを使ったほうが幸せになれる確率はぐっと上がります。
※このSSD自体は大変優秀なので誤解のなきように。

SSDは「大は小を兼ねる」がかなり色濃く反映されるので、容量が大きいほど、受けられる恩恵も大きくなります。

第5位 CFD販売 SSD 240GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 2.5→3.5inch変換マウンタ付 SATA6Gbps CSSD-S6T240NMG1Q

CFD販売 SSD 240GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 2.5→3.5inch変換マウンタ付 SATA6Gbps CSSD-S6T240NMG1Q

安心の東芝製。他メーカーと比べると少しだけ高いですが、安定性に優れたSSDです。

現在MacBook Pro Late2011 13インチに使っていますが、もっさりHDDの頃と比べて生まれ変わったように早くなりました。

2.5インチ→3.5インチの変換マウンタが付いてこの値段なのでかなりオススメ。去年買った時は倍近い値段だったと思うんだけどな…。

第6位 Crucial [Micron製Crucialブランド] 内蔵 SSD 2.5インチ BX200シリーズ ( 240GB / 国内正規品 / SATA / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) 自社製TLCメモリー搭載 CT240BX200SSD1

Amazonで長らくベストセラーを守り続けたハイコストパフォーマンスモデル。
TLCメモリのため耐久性と速度はまあまあですが、HDD使うよりは遥かに早いです。
日々のストレスを解消したいなら、これはかなりいいですよ。

BX200を使って東芝の『Dynabook satelite B252/21G』をSSD換装した記事があるので、興味があればぜひ。

誰でもできる!重たくなったノートパソコンをSSD換装して超高速化する簡単5ステップ(Windows編)

2016.10.15

こちらのDynabook、かなりの低スペックPCなんですがSSD積むとやっぱり早いですね。
HDDで動く旧世代のパソコンがいくらデフラグしても追いつけないスピードですよこれ。

僕は使わないので母にあげたところ「めちゃくちゃ早い!」と驚いてた。

中古PCを買ってSSD換装するというのはかなり良い選択肢だと思う。

※2016年10月現在は3DTLCNANDを採用したMX300が現行モデルとなっています。

第7位 SanDisk SSD PLUS 240GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-240G-J26

TLCメモリながら性能は十分すぎるほど。価格は少し高めかな…?

友人のからHDDの壊れたパソコンを預かり、このSSDに積み替えて渡したところ、「パソコンってこんなに早くなるんだ!」と驚いてました。ちなみにOSはubuntu。笑

ubuntuはいいぞ~

第8位 SanDisk SSD UltraII 240GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHII-240G-J26

パソコンショップへ行くと「これいいっすよ~」とおすすめされるSSD。
SanDisk SSD PLUSシリーズの上位モデルでExtremeProの1個下。ちょうど中間のランクに位置するSSDなので、無難にこれ買う人多いんじゃないでしょうか。

目的別に各モデルをざっくり紹介すると

  • SSD PLUS → HDDからの乗り換えユーザー向け。割とライトな設計。
  • UltraⅡ → 頻繁にパソコンを使う人向け。ミドルスペックを求める人に丁度いい。
  • ExtremePro → メディアクリエイター、ゲーマー向け。ゴリゴリに作業する人のために作られてる。

UltraⅡは高性能で値段もお手頃といったところでしょうか。仕事用のPCには1番信頼できるExtreme PROをメインで使ってますが、遊び用のPCは今のところこれが1番しっくり来てる。

SATAケーブルも忘れずに買っておこう

SSDだけ買っても接続用のケーブルがなければ意味がないので注意。電源ユニットから出てる電源ケーブルの接続も忘れずに。
※HDDから交換する場合は差し替えだけなので不要。

Amazonで1番評価高いやつ。自分も使ってます

パソコンが重いと思ったら試して欲しいSSD

断言してもいいですが、パソコンが重たくなる原因のほとんどはハードディスク(HDD)の劣化、もしくはウイルス感染。メモリ増設したところで大して変化はないので、高い金払ってメモリ買うくらいならSSD買うほうがよっぽど賢い。古いHDDともウイルスとも同時におさらばですよ。マシンのスペックにもよりますが、HDDと比べて大体2~3倍位速度が出るはずです。

まとめ:SSD大好きな私がおすすめする、パソコンを劇的に早くするSSD一覧

今回紹介したSSDの一覧です。SSD大好きな私が厳選したコスパの高いものばかりです。

これを機にSSD購入を検討してる方はぜひ一度お試しください。価格変動の激しいSSD、HDDは安い時が買い時です。※その昔、タイの大洪水でHDDの価格急上昇したことありましたよね

まあ、安いうちに買っておきましょう。と、いうことです。なんせ5000円切ってますからね…。