【Lightroom】カスタム名-連番を編集して書き出し時のファイル順序を整理する

eyecatch-customname

Lightroomの書き出し機能で特に好きなのがファイルの名前をカスタム設定出来るところ。よく使うのは「カスタム名-連番」なのですが、デフォルトだと3桁までしか表示されず「カスタム名-001.jpg」となるため100個目以降のファイル順序がバラバラになります。

解決方法がないかな、と思って探していたらやっぱりありました。さすがLightroom。連番の設定を編集するだけなので所要時間は2、3分。

 

この記事の目次(クリックで項目へジャンプします)

書き出し時のカスタム名を編集する

ファイル名をきちんと付けるのは写真管理において非常に重要なことです。「サブフォルダーに保存」と同じファイル名を付けると納品時にめちゃくちゃ便利です。

 

「ファイルの名前」:カスタム設定を編集する

カスタム名を編集

まずは「ファイルの名前」の項目から「変更後の名前」にチェックを入れて、右の「カスタム設定」→「編集」と進みます。

 

カスタム設定を編集する

デフォルトの設定

クリックするとこの画面に来ます。デフォルトの設定だとこのようになっていますが、{連番(001)>>}を選択して文字が青くなったらもう一度クリックします。すると以下のような設定項目が出てくるので、{連番(00001)>>}を選びます。
連番00001を選択

するとファイル名が00001~10000まで対応するようになります。

あまり使う人はいないと思いますが、タイムラプスの作成や、MagicLanternでCinemaDNGを使う時に大変重宝します

 

連番の後ろに更にカスタム項目を追加する

カスタム項目の追加1

カスタム項目を追加したい時は既にある項目の後ろに-(ハイフン)を入力してから、追加したい項目を選んでクリックすると後ろに追加されます。

カスタム項目の追加2

無事追加されるとこのようになります。ちなみに-(ハイフン)はなくても追加可能ですが、見栄えを気にして追加しています。

他にも追加したい項目があればここから追加していきましょう。最後に完了を押して終了です。

まとめ

いかがでしたか。普段から写真を撮る方はファイルの量が膨大になりがちです。きちんとファイル名を付けて写真を管理するのにLightroomは非常に便利ですよ!

ぜひ一度お試しください。

それではまた!