1人ぼっちの福岡旅行はこんなにも素晴らしかった

こんにちは、riku@fabrec_jpです。

1月末に出張の名目で3泊4日の福岡旅行を存分に楽しんできたので、自慢を兼ねてご報告ブログです。

薄っぺらい語彙力の駄文と、約80枚の写真をお楽しみください。

 

今回の旅行で使った機材

行列ができる定食屋『梅山鉄平食堂』

fukuoka201701-00003 fukuoka201701-00001

初日のお食事は『梅山鉄平食堂』へ。
福岡在住のタツ氏(@nerdtaz)に教えてもらってからずっと気になっていたお店で、”玄界灘で獲れる新鮮な魚を使った定食屋”と聞いてピンときた。胃腸の弱ったおっさんにはありがたいヘルシーな栄養源。

極度の空腹により、ほとんど写真を撮ることなく完食したこちら『カマスの塩焼き定食(1000円くらい)』。身がプリップリでめちゃくちゃ美味しい。

fukuoka201701-00002

福岡発の明太子料理専門店『元祖博多めんたい重』

2日目。

「福岡で明太子を食べずに帰るわけにはいかんたい!」と思い立って専門店へ。

fukuoka201701-00017

朝7時~22時半の営業にもかかわらず、11時の入店ですでに1時間待ち。予想以上に人気店でした…。

 

待ってる間にお店の周辺でスナップ撮影。見知らぬ土地を散歩してると1時間は意外とすぐです。

fukuoka201701-00009 fukuoka201701-00007 fukuoka201701-00005 fukuoka201701-00006

待ちくたびれて入った店内はこんな感じ。

fukuoka201701-00012

高級で清潔感ある店内で、これから出てくる明太子が明らかに美味しいことを予感させてくれます。
ただ、僕のあとにもかなりの人数が待ってるはずなのに席がガラガラなのはいったい・・・?(そういう商法かな)

あれこれ考えてるうちに待望の明太子神様が登場。
今回はせっかくなので、めんたい重・つけ麺・お吸い物がセットになった『飯麺吸セット3380円(税込)』を頼んだ。
おかげで胃腸がはち切れそうになったけど満足度は相当高いです。

fukuoka201701-00013 fukuoka201701-00014 fukuoka201701-00015

レシートと一緒にもらえるメッセージカードが嬉しい。店員さんが必要以上に可愛いので、免疫がない人は恋に落ちると思う。

fukuoka201701-00016

河太郎 ヒルトン福岡シーホーク店

fukuoka201701-00018

 

打ち合わせ後の懇親会でヒルトン福岡シーホーク内にある『河太郎』へ。

fukuoka201701-00019 fukuoka201701-00020

入り口から感じていたのは「めちゃくちゃ高そうだな…」という貧乏人丸出しな感想。(ありがたいことにお客様がごちそうしてくれた)

佐賀県呼子(よぶこ)のめちゃくちゃ新鮮なイカが味わえるのですが、前に函館の朝市で食べたイカとほぼ同等レベルの美味しさでした。本当侮れないね、福岡…。

fukuoka201701-00022 fukuoka201701-00023 fukuoka201701-00021

お皿に乗ったイカが動いてたのが衝撃的でした。

 

太宰府天満宮

3日目。

学問の神様、菅原道真が祀られてる神社『太宰府天満宮』へ。
建築家の隈研吾氏がデザインしたスターバックスがあることでも有名ですね。
※観光客がめちゃくちゃいるのでそれなりにご覚悟を。

fukuoka201701-00026 fukuoka201701-00027 fukuoka201701-00028 fukuoka201701-00029 fukuoka201701-00030 fukuoka201701-00031 fukuoka201701-00033 fukuoka201701-00034

駅や電車の中がすごく好きな雰囲気。

fukuoka201701-00036 fukuoka201701-00035

福岡タワー

fukuoka201701-00037

旅行にくるとなぜかタワーに登ってしまう悲しき習性。カップルの聖地というキャッチコピーを無視して単身乗り込んできました。
※福岡タワーは全貌がマジックミラーのようなものに覆われていて、なんだかイケないものを思い出してしまいます。

fukuoka201701-00045 fukuoka201701-00046 fukuoka201701-00047 fukuoka201701-00048 fukuoka201701-00049 fukuoka201701-00053 fukuoka201701-00054
※どこを見渡してもハートまみれなので、健常な精神の持ち主は絶対に1人で登らないでください。

登頂の目的は夜景だったので、日没まで2時間ほどタワー内で待機しました。(周りがカップルまみれなのでかなりの苦痛を伴う)

あいにくの雨模様で心残りはありますが、なかなか美しい1枚が撮れたので個人的には満足。

fukuokaeyecatch-00003 fukuoka201701-00050 fukuoka201701-00052

シーサイドももち海浜公園

福岡タワーのすぐ隣に海があります。景色の良い整備されたビーチで、デートスポットとして人気です。

fukuoka201701-00041 fukuoka201701-00042 fukuoka201701-00043 fukuoka201701-00044 fukuoka201701-00039 fukuoka201701-00040 fukuoka201701-00057 fukuoka201701-00058 fukuoka201701-00056 fukuoka201701-00055

もつ鍋やま中 大橋本店

fukuoka201701-00064

夜は福岡出身の方からおすすめされた『やま中』へ。

1人で予約するのがめちゃくちゃ恥ずかしかったこと、取り皿が3人分用意されていたことを除けば最高だった。

fukuoka201701-00059 fukuoka201701-00060 fukuoka201701-00061 fukuoka201701-00062 fukuoka201701-00063

帰りに駅で喫煙所を見つけて驚いた。歩きタバコしてる人も結構見かけたので喫煙文化が根強い地域なのかな。

fukuoka201701-00065

最終日

4日目。

あとは帰るだけ。朝の福岡がどことなく寂しい雰囲気で好きだったので写真におさめておいた。

fukuoka201701-00067 fukuoka201701-00068 fukuoka201701-00069 fukuoka201701-00070 fukuoka201701-00071

空港内のフードコートがなかなかオシャレ。

fukuoka201701-00072 fukuoka201701-00073 fukuoka201701-00077 fukuoka201701-00078 fukuoka201701-00079

 

福岡最後のご飯は鯛茶漬け。朝から贅沢してやったが、これでラストと思うと寂しい。

fukuoka201701-00074 fukuoka201701-00076

まとめ:福岡を満喫するなら1~2日では足りない

人生初の福岡。行きたい場所、食べたいものが多すぎて僅かばかりの日数では回収しきれません。

ちょっと足を伸ばせば長崎や佐賀、大分にも行けるので九州の魅力は底知れないですね…。

 

最後に新千歳空港で食べた海鮮丼シリーズを置き去りにして締めたいと思います。

fukuoka201701-00080 IMG_20170127_124441

 

この記事を書くのに使用した機材